ビッグレッドファームで今浪厩務員さんと遭遇


スポンサーリンク


2019年6月2日(日)~3日(月)の2日間、ゴールドシップの担当厩務員だった今浪厩務員さんにビッグレッドファームで偶然お会いできました。

あれは6月2日(日)の15時ごろだったと記憶しております。
次の牧場見学を予定していたので、事務所にナンバーカードを返却しに戻った時のこと。事務所のエントランス周辺がいつもの雰囲気と違っていたんですよ。ちょっとした人だかりができていたんですよね。エントランスの出入り口に通じる通路を挟んだ両側に数名の見学者の方がね、花道を作るかのように並んでいたんです。横一列に整列していたわけです。

えー、なんだろう。とは思ったものの、先を急ぐ私としてはそのことはあまり気に留めず、事務所のね、エントランスの扉に手をかけたわけです。
そしたらまあ、仰天ですよ。だってね、ガラス越しに目に飛び込んできたのはあのお馴染みのブルゾンを羽織った男性の後ろ姿だったわけですから。
速やかに踵を返しましてね、パリコレモデルかな?っつーくらいの勢いで回れ右をして花道隊に入隊したわけです。

花道隊の皆さんの殆どは、この日に今浪厩務員がビッグレッドファームに来ることを事前にツイッターで知っていたようで「え!逆に知らずに来たんですか?!」「それはそれですごいですね!」と逆に驚かれまして。私自身もそれはそれですごいなあ、と。このタイミングで事務所にナンバーカードを返却に行った自分の判断や良し!と自負心に陶酔しているとオープン ザ ドア!今浪厩務員の登場です。


スポンサーリンク


今浪厩務員の後に続いて花道隊(自分も含め)の皆さんが今浪厩務員を取り囲むような恰好でゴールドシップの放牧地に向かいます。

ゴールドシップファンの間では言わずとも知れた今浪厩務員。
言うまでもなく、今浪厩務員といえばゴールドシップ、ゴールドシップといえば今浪厩務員といっても過言ではないほど切っても切り離せない関係であることは周知。

まさか偶然に会えるなんて毛の先ほどにも思っていなかったので、自然と胸が高鳴ります。
だって思わないですよね、ビッグレッドファームに行ったら今浪厩務員に会えるなんて。当たり前じゃないですか。そんなの当たり前じゃないですか。ゴリラ以外はそう思って当たり前じゃないですか。



今浪さん8.jpg

我知らず背中をパチリしましたよ。
やばい、嬉しい。口笛を吹きだしたり鼻歌を唄い出しそう笑

ゴールドシップの放牧地を見ると今浪厩務員の到着を待っているファンが多数。なんだ、みんな知ってたんだ。知らなかったのは私だけだったんだ。くそう。

そんな人気者の今浪厩務員。ゴールドシップの放牧地に辿り着くと早々にゴールドシップを呼びます。
「おーい、シップ!何してんの?」と指を鳴らしまして。


今浪さん1.jpg

それに気が付いたゴールドシップは今浪厩務員に真っすぐに近寄ってきました。


今浪さん2.jpg

これ以上今浪厩務員のお側に行けない不満を訴えるように金網を崩壊しようと前脚でガリガリ。ガンガンくるわけ。ガンガン来るゴルシ、ガンゴル。歯がゆい光景です。


今浪さん6.jpg

ゴールドシップが現役のころに遊んでいたタオル。
洗濯はしていないとのこと。ゴールドシップはタオルの匂いをクンクンと嗅いでいました。


今浪さん7.jpg

ゴールドシップの蹄鉄。
これを今浪厩務員がゴールドシップに見せると激昂。前脚でドン!!と力強く地面を踏みつけておりました笑
「あ~、もうわかったわかった汗;」と逃げるように言う今浪厩務員。

このあと今浪厩務員を囲む形でゴールドシップ談義になり、瞬く間に見学時間のタイムリミットを迎えましたが「明日も10時に来る」と仰っていたので、翌日も意気揚々とビッグレッドファームに向かうことに。

翌日の10時過ぎにビッグレッドファームに到着すると、すでに今浪厩務員は数名のファンの方とゴールドシップの放牧地の前に。
一方、ゴールドシップは今浪厩務員にお構いない様子で普段通りに放牧地の真ん中あたりで草を食んでおられました。たまに今浪厩務員や見学者に寄ってくるも、総じていつもの通りの営業姿勢の振る舞いでした。

ゴルシ3.jpg


1ゴルシ.jpg


ゴルシ2.jpg


今浪厩務員から現役時代の貴重なお話をたくさん聞かせてもらったのですが、どこまで掲載して良いのか判断がつかないので詳細は控えます。

ただ。今回、今浪厩務員とお話させていただいて改めて感じたのですが、日本中いや世界中にいるゴールドシップのファンの誰よりも今浪厩務員がゴールドシップの一番のファンであることを強く実感しましたね。今浪厩務員のゴールドシップ愛がビシバシ伝わってきました。



今浪さん3.jpg


この日。今浪厩務員は函館に、私は大阪に帰るために新千歳空港に向かうことになっていたので、今浪厩務員と一緒にビッグレッドファームを後にして別れたわけなんですけど。そのあと新冠の道の駅でまさかの再開!今浪厩務員アゲイン。

道の駅のお土産ショップにて、夢中になってゴールドシップのグッズを探されていたので私も参戦したわけですが。いや、ほんとファンだわ笑

道の駅で今浪厩務員に二度目のお別れを告げて今度こそサヨナラしたわけですが。とはいえ、今浪厩務員さん。本当に濃密かつ有意義な2日間をありがとうございました。



この記事へのコメント