社台スタリオンステーション【2019年9月28日】



社台キタサンブラック.jpg


2019年9月末、2年ぶりに社台スタリオンステーションに行ってきました。
何時ものごとく、豪華なラインナップで展示されております。


スポンサーリンク



社台スタリオンステーションは二十柵になっているので、見学者と展示されている馬との距離が離れています。
馬が放牧地の奥の方でジッとしている場合は残念ながらアウト。放牧地に馬が点在している風景を楽しむという恰好になってしまう。これは覚えておいてください。


・キタサンブラック

社台キタサンブラック2.jpg

社台キタサンブラック3.jpg

柵の手前まで来てくれてるのにアウトですね。笑えませんね。
これでも何枚も撮影した中で選りすぐった2枚がこの出来栄えですから。

あまり一眼レフとかそういったお高いカメラには興味がない私なんですが、この時ばかりはみんなが構えているようなバズーカーみたいなカメラが欲しい!と思いましたね、使いこなせるかは別として。


・ジャスタウェイ

社台ジャスタウェイ.jpg


2社台ジャスタウェイ.jpg

↑のキタサンブラックよりも小ましな写真が撮れたのではと自負しておりますが、この写真を見て「おお、これがジャスタウェイかあ!」とはなりませんね。まあ、写真の出来の悪さについては雄大な大地のごとく悠然に構えることにしましょう。


・イスラボニータ

社台イスラボニータ.jpg

遠すぎてゴミみたいな写真しか撮れなかったんですが、これイスラボニータね。この真ん中よりやや右側にいる黒いのイスラボニータね。レンズの汚れみたいなのがイスラボニータね。

社台イスラボニータとハービンジャー.jpg

なんだこれ

わかりますわかります。言わなくてもわかります。
かくいう私も写真フォルダを見返したとき「なんだこれ」となりました。自分が何を考えて撮った写真なのかがわからないのです。

記憶の糸を手繰り寄せてようやく思い出しました!
イスラボニータとハービンジャーですよ。2頭が向かい合ってよろしくやってたのでその光景を写真に収めたんですが、もはやただの牧場風景ですね。

このままだと叱責の声が飛んできそうなので、僭越ながら2016年にこちらで撮影した産物を掲載しておきます。


2社台.jpg


社台3.jpg

社台.jpg

健在だったころのディープインパクトです。暑い日だったので放牧での展示ではなく、5分程度ですがスタッフさんが目の前までディープインパクトを連れてきて見学するスタイルでした。

初めてディープインパクトを近距離で見学させてもらったのですが、なんて言うのかな佇まい?雰囲気?オーラみたいな何か目に見えないすごいものを放っていましたね。こう、なんて言うか。写真ではよくわかりませんが、リンダリンダじゃないけど写真には写らない美しさがありました。

他の種牡馬よりも小柄なのに、この馬のどこにあんなパワーが秘められているのか不思議ですよね。


ディープ、お疲れ様。本当にありがとう。



よし。なんとかミッションをクリアできたような気がします笑
あと、以前まで営業していた売店も今は営業していないので廃墟のようにガランとしています。トイレも使用できないのであまり長居はできまないかもです。


この記事へのコメント