小泉牧場見学【2019年9月28日】


スポンサーリンク


北海道牧場見学1日目のラストは、小泉牧場さんのスエヒロジョウオーの見学で〆ます。
優駿スタリオンステーションと同じサラブレッド銀座に位置しているので、優駿スタリオンステーションの見学を終えてからでも夏季なら見学時間終了の17時までに十分間に合います。

小泉牧場さんに訪問したのが16時前。あれ?なんかいつもと雰囲気が違うような…と思ったら集牧中で。恐縮しつつ、わりと消え入りそうな声で社長さんにスエヒロジョウオーを見学したいと伝えると即答で「高いで!?」と言われました笑

社長さんが厩舎の中に向かって「ジョウオー、見せてあげてー」と言うと、「あーはいはい」とスタッフのお兄さん。スエヒロジョウオーを曳いてきてくださって「陽の当たる場所で見ましょうか」と小さなパドックに誘導してもらえました。ほんと忙しい時にこんなお気遣いまで恐縮ですありがとうございます!って感じで。


小泉牧場スエヒロジョウオー1.jpg


小泉牧場スエヒロジョウオー2.jpg

スエヒロジョウオー、大人しくて可愛らしいおばあちゃんです。
6月に会った時はまだ少し冬毛も残っていましたが綺麗に抜けていました。
相変わらず食事も残さず食べるし歯も丈夫だとのこと。

他の馬が集牧中だったこともあって、ずっと周りを気にして落ち着かず終始耳をクルクルさせてたジョウオー。
ジョウオーにもスタッフさんにも時間を取らせては申し訳なかったので「すみません、戻してあげてください」と笑


スポンサーリンク


ジョウオーが厩舎に戻ったところで食事中だったイナズマアマリリスに。

小泉牧場イナズマアマリリス.jpg

光の加減であまり良い写真が撮れなかった、というか私の腕が悪かったとも言えますがイナズマアマリリスの写真はこれだけ。
食事中にも関わらず顔を出してファンサービスしてくれました、ありがとう。
外国人のスタッフさんがイナズマアマリリスのお手入れをしに来られたので、その場を離れて当歳馬のいる放牧地へ。

放牧地にいた全ての当歳馬の視線が私に注がれ「なんだこいつ?」みたいな雰囲気が蔓延する中、いの一番に駆け寄ってきてくれたのは


スナークヒロインの仔.jpg

スナークヒロインの2019、オルフェーヴル産駒だそうです。
アシ毛でかわいい。ちょとやりすぎなくらい可愛い。目の中に入れても普通に痛いくらい可愛い。

スナークヒロインの仔2.jpg

見学者に対しても物怖じせず、積極的に寄ってくるアクティブな仔。
父のオルフェーヴルに似てやんちゃな性格だとか。額に残っている無数の傷跡がそれを証明するかのよう。

スナークヒロインの仔3.jpg

なかなか前のめりに気味でグイグイ来てくれます笑
スタッフのお兄さんと「この仔はジョッキーを振り落としますねえ~」と談笑したのち、当歳馬たちの集牧が始まったのですが。それを察した当歳馬たちが揃いも揃って一気に駆け回りだした時の迫力には圧倒されました。

小泉牧場 集牧.jpg

これまで牧場巡りをしてきましたが、今回のような迫力のある光景を目の当たりにしたことがなかったので、とても貴重な時間だったなあと思います。小泉牧場のみなさま、お忙しいところありがとうございました。

この記事へのコメント