イーストスタッド見学【2019年9月30日】



イーストスタッド.jpg

浦河町からこんにちは。
3日目は静内から浦河町まで車をぶっ飛ばし(道路交通法の範囲内で)やってきましたイーストスタッド。

見学開始時刻の10時前に見学者用の駐車場に車をとめて、スタッフさんにご挨拶。記帳を済ませたらイーストスタッドの見学へ。

イーストスタッドの見学は1時間なので、時間内に全ての種牡馬を見学するのは鬼の難度です。
欲深い私は1頭でも多く見学しよう。と。イーストスタッドに足を踏み入れた瞬間から、真っすぐに前を向いたまま目的の馬の放牧地を目指してずんずんと足を急かせます。



スポンサーリンク


あ、あれインカンテーションだ。
見たい。遠い。でも見たい。でも遠すぎて往復に時間がかかってしまう。遠くのインカンテーションを選択するか、近くのホッコータルマエを選択するか迷った末にインカンテーションの元まで足を運ぶことを諦めてしまうほどの広さがイーストスタッドはあります。
そうですよ、これは人生と同じなんです。イーストスタッドでは常に二者択一を迫られるのです。何かひとつを手に入れるためには何かひとつを失わなければならない。何かを優先する代わりに何かを失うということをイーストスタッドは私たちに教えようとしてくれているのです。違うと思います。

わざわざ浦河まで会いに来たのに会いに行かないという体たらくを見せつけただけで、遠くの方で草を食んでいるインカンテーションを尻目にホッコータルマエの放牧地へ。

イーストスタッド タルマエ1.jpg

イーストスタッド タルマエ2.jpg

イーストスタッド タルマエ3.jpg

・ホッコータルマエ

優駿スタリオンステーションからイーストスタッドに移動してきたタルマエ氏。イーストスタッドでは初めましてになります。

タフな馬だったし、馬格もある。安定感も抜群で強かったなと思うのですが、ジャパンCダートのラスト1ハロンで見せた幸騎手の”焼きそば追い”が頭にスルリと忍び込んできて、どうにもにやにやしてしまいますごめんなさい笑
ホッコータルマエは当時のことなんか忘れたかのように、のんびり穏やかに草を食んでおりました。
とにかく、だ。お父さんのキングカメハメハのぶんまで長生きするんだぞ。


イーストスタッド 種牡馬1.jpg

イーストスタッド 種牡馬2.jpg

イーストスタッド 種牡馬3.jpg

イーストスタッド 種牡馬4.jpg

・チェリークラウン

遠目で「あ!オウケンブルースリだ。あー絶対!もう間違いない」と自信満々に放牧地へ行くとチェリークラウンさんでしたっていう笑
チェリークラウンについてほぼ無知なのですが、遠くからでも駆け寄ってきてくれるところが可愛い。
種付け頭数は少ないながらも勝ち上がり率は高いようです。



イーストスタッド トゥザグローリー2.jpg

イーストスタッド トゥザグローリー1.jpg

イーストスタッド トゥザグローリー3.jpg

・トゥザグローリー

ゆっくりと歩み寄ってきてくれたトゥザグローリー。
ずっとお傍にいてくれたのですが、よく見てみると怪我しちゃってますね。わー痛そう。
わりと、できたばかりの傷みたいで痛々しい。



イーストスタッド エーシントップ1.jpg

イーストスタッド エーシントップ2.jpg

・エーシントップ

放牧地では見学の受付けで対応してくださったスタッフさんが作業されていました。
大きなスコップで雑草らしき草を掘り起こしているスタッフさんの近くでずっと構って欲しそうにしていたエーシントップ。「がんばれ!」とスタッフさんのことを応援しているように見えて微笑ましかったです。

柵に掛けていたスタッフさんの上着を口にくわえてブンブンと振り回して柵の外に放り投げる。それを私が拾って柵に掛け直すという一連の流れがあり、スタッフさんが「あ、すみません」と。スタッフさんと少し世間話をさせていただきました。いつもどこの牧場を回ってるのかという話や、管理が行き届いている放牧地とそうではない放牧地の違いや牧草の話でしたが、今まで放牧地の草に着目したことがなかったので、とても勉強になりました。ありがとうございます。


イーストスタッド オウケンブルースリ1.jpg

イーストスタッド オウケンブルースリ2.jpg

イーストスタッド オウケンブルースリ3.jpg

イーストスタッド オウケンブルースリ4.jpg

イーストスタッド オウケンブルースリ5.jpg

イーストスタッド オウケンブルースリ6.jpg

イーストスタッド オウケンブルースリ7.jpg

・オウケンブルースリ

これが本物。ド派手な流星がチャームポイントのオウケンブルースリ。
太陽の下で栗毛がキラキラと輝いてきれいでした。

種付け頭数は少ないですが、産駒のオウケンムーンは重賞勝利。
たくさんお嫁さんが来てくれますように。


イーストスタッド メイショウサムソン1.jpg

イーストスタッド メイショウサムソン2.jpg

イーストスタッド メイショウサムソン3.jpg

イーストスタッド メイショウサムソン5.jpg

・メイショウサムソン

メイショウサムソンが柵の手前にいるのを発見したので、足早に彼の元へ。隣りの放牧地にいたメイショウボーラーと並んで歩くように草を食んでいました。


イーストスタッド メイショウボーラー2.jpg

イーストスタッド メイショウボーラー1.jpg

・メイショウボーラー

メイショウボーラーの代表産駒はG1馬のニシケンモノノフ。
ニシケンモノノフも現在は優駿スタリオンステーションで種牡馬生活を送っています。


イーストスタッドでは割と早足でボンバーマンみたいな動きで敷地内を見学して周ったんですけど残念、ここでタイムアップ。あっという間に見学終了時刻に。
あーもう。イーストスタッドの敷地内を3歩くらいで周れるボディを手に入れたい。

1時間じゃ全ての馬を見学することはできなかったので、また改めてゆっくり見学しに行こうと思います。


この記事へのコメント