うらかわ優駿ビレッジAERU見学【2019年9月30日】


スポンサーリンク



イーストスタッドの見学を終えて、うらかわ優駿ビレッジAERUで功労馬の見学です。
イーストスタッドからも車で10分ほどなのでセットで見学するのも良きです。

2019年9月に、名馬のたてがみが相次いで切られるという残忍な事件がありましたが、ここに繋養されているウイニングチケットもその被害を受けた1頭です。
うらかわ優駿ビレッジAERUは、名馬と触れ合ったり人参を与えたりと、常識的なマナーさえ守れば自由に馬とコミュニケーションを取ることが許された数少ない牧場?施設?だったのですが、たてがみ事件以降はこれらの行為は一切禁止になってしまいました。あの事件のことを考えるだけで犯人に対して沸々と怒りがこみ上げてきます。

この日、功労馬の放牧地の周辺にはスタッフさんがいなかったので、遠くの方で乗馬の講習?接客中だったスタッフさんに功労馬を見学したいという旨を伝えました。「どうぞ!可愛がってあげてください」と、スタッフさん。

アエル スズカフェニックス3.jpg

アエル スズカフェニックス1.jpg

アエル スズカフェニックス2.jpg

・スズカフェニックス

人参を禁止されていることを知ってか知らぬか見学者に対して見向きもしないスズカフェニックス笑
以前からあまり人間に媚びるようなことはしなかったように思いますが、人参をもらえないことをわかると尚更ですね。
変わらない様子で安心しましたよ。

スポンサーリンク


アエル ウイニングチケット1.jpg

アエル ウイニングチケット2.jpg

・ウイニングチケット

初めは放牧地の真ん中で草を食んでいたウイニングチケット。その姿をしばらく眺めていると近くまで来てくれました。ご無事で何よりですよチケットさん!「怖かったねー」と思わず撫でそうになる手を反射的に引っ込めましたね。

変わらず元気に過ごしていてよかった。


アエル ウイニングチケット3.jpg

ウイニングチケットのたてがみを撮ってみましたが、ちょっとこの写真ではわかりませんね。というか、実際に目で見てもそれほど目立たなくなっていました。きっと優しいスタッフさんが目立たないようにと整えてくれたんだと思います。


アエル タイムパラドックス2.jpg

アエル タイムパラドックス1.jpg

・タイムパラドックス

タイムパラドックスも相変わらず元気に過ごしていました。
こうして近寄ってきてくれるのに撫でてあげられないことが歯痒いというかもどかしい。。。


AERUでは30分ほどの滞在。これから静内へ戻ります。


この記事へのコメント