白馬牧場見学【2019年11月8日】


スポンサーリンク


DSC_0709.JPG
白馬牧場の丘の上からこんにちは。
東振牧場さんから車を走らせること50分、次に向かったのは新冠にある白馬牧場さんです。

国道235号線に看板が上がっているのでずっと前から訪問してみたいと思っていたのですが、なかなか時間的にタイミングが合わずでいつも訪問できず。今回、こうして訪問することができて嬉しく思いますありがとうございます。

新千歳空港で事前に白馬牧場さんに電話にて見学の可否を確認したところ
「13時30分からならいつでもどうぞ」との事だったので、14時前にお邪魔しました。

ちょうどスタッフさん一同が厩舎で作業をされていたので、見学の旨を伝えるととても丁寧に対応してくださってちょっと恐縮しつつ放牧地へレリゴー。


DSC_0638.JPG

・アスカクリチャン

なぜ、この写真をチョイスしたのか自分でもわかりませんが、放牧地に行くと食事中でした。


DSC_0636.JPG
食事中だったのにも関わらず、近寄ってきてくれたアスカクリチャン。
初めましてですね。実は阪神競馬場で見たことあるよ。
現役が長かっただけに、ここでピースフルに過ごしている姿を見るとなんだかほっこり。

DSC_0634.JPG

DSC_0629.JPG
めちゃくちゃ人懐っこくて可愛い!



バンドワゴン1.jpg

・バンドワゴン

アスカクリチャンの向かいの放牧地にいたバンドワゴン。
脚の怪我で長く休んではまた故障という脚部分の不安が多かった馬ですが、潜在能力が高かっただけに惜しい。
重賞のタイトルが獲れなかったことが気がかりで種牡馬入りはダメかなと思っていたのですが、こうやって種牡馬入りできてよかった。
第二の馬生で成功して欲しい。

バンドワゴン3.jpg

バンドワゴン5.jpg


バンドワゴン4.jpg

バンドワゴン2.jpg

めちゃめちゃ人懐っこくて可愛すぎるバンドワゴンさん。
私の服の匂いを嗅ぐ→フレーメン→放牧地を一周する→私の服の匂いを嗅ぐ→
このターンを7~8回繰り返していました笑

バンドワゴンは他の種牡馬と比べても馬体にあまりボリュームがないというか、細くて小柄でした。

スポンサーリンク


バンドワゴンの隣の放牧地にいたのは。。。

ふーちゃん2.jpg

名前がわからなかったのですが、スタッフさんからは”ふーちゃん”という愛称で呼ばれてました。
この”ふーちゃん”もまた愛らしく。。。

ふーちゃん1.jpg

ふーちゃん3.jpg

ふーちゃん4.jpg
嘶くふーちゃん。

ふーちゃん5.jpg

「遊んでー。ねえ遊んでよー」とでも言っているかのようで
こっちが無理ならあっち!あっちが無理ならこっち!とばかりに、柵の隙間から何度も顔を出してました笑
白馬牧場さんちのお馬さん、みんな可愛すぎてやばい。


ヤングマンパワー1.jpg

・ヤングマンパワー

先行で粘り強い脚を使うヤングマンパワーさん。
頭の高い走法がとても個性的でした。

ヤングマンパワーは他の種牡馬たちと違って、放牧地の真ん中辺りでずっと草を食んでいました。


ヤングマンパワー2.jpg


ヤングマンパワー3.jpg

集牧が始まったので気になって柵の手前まで来てくれましたが、集牧が待ち遠しかったのか放牧地の端から端まで走って何度も往復してました。


白馬牧場2.jpg


白馬牧場1.jpg

集牧されるヤングマンパワーさん。めっちゃ見てるやん笑
スタッフさんが「良ければ厩舎の中でも見学していってください」とおしゃってくれたので、お言葉に甘えてお邪魔します。


ヤングマンパワー4.jpg

ヤングマンパワー5.jpg

集牧後のヤングマンパワー氏。
他の馬はカイバをもりもり食べてたけど、ヤングマンパワーだけずっと厩舎の外の様子を気にしていました。
写真ではわかりづらいけど、ブラウンの透き通った目がとても美しかったです。

アスカクリチャン2.jpg

アスカクリチャン3.jpg

見学者を気にしながら食事するアスカクリチャン。
カイバを咥えてはその都度頭を上げて見学者に愛想を振りまいていました。

時計を見ると見学終了時刻の15時前。
この後、へいはた牧場さんを予定していたので少し早めに出ましたが、次回の牧場見学にもぜひ予定にマストで入れたい牧場さんです。


この記事へのコメント